301リダイレクト(ドメイン・ページURL転送設定、URL正規化) | CosmoNavi(コスモナビ)

  1. CosmoNavi(コスモナビ) > ホームページ制作 > 301リダイレクト(ドメイン・ページURL転送設定、URL正規化)

301リダイレクト(ドメイン・ページURL転送設定、URL正規化)

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、URLが恒久的に移動した場合のHTTPステータスコードのことです。

※HTTPステータスコード=WebブラウザがWebサーバから受け取る情報であり、3桁の数字からなるコード

  • 100番台:処理中
  • 200番台:成功
  • 300番台:リダイレクト
  • 400番台:クライアントエラー
  • 500番台:サーバエラー

どんな時に必要?

  • ホームページの移転で、ドメインが変更
  • ホームページの構成が変わり、ページURLが変更
  • 「www」や「index.html」の有無を統一

SEO的効果

301リダイレクトにより、転送後のURLは転送前のURLの評価を引き継ぐことができるので、SEO的に効果があります。一方、一時的に移動した場合の302リダイレクトがありますが、これは、評価を引き継ぐことができません。

記述方法

.htaccessに記述します。

ページ変更
ディレクトリ変更
wwwありに統一
wwwなしに統一
index.htmlなしに統一
ドメイン変更(下層ページURL変更なし)
httpsに統一

投稿日:2016年12月30日
更新日:2017年7月26日
カテゴリ:ホームページ制作

関連記事

ホームページ制作