常時SSLの検索順位への影響について | CosmoNavi(コスモナビ):初級・中級ウェブマスター(ホームページ運営者)のためのお役立ち情報

常時SSLの検索順位への影響について

  1. CosmoNavi(コスモナビ) > SEO > 常時SSLの検索順位への影響について

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上で通信を暗号化する技術のことです。ブラウザとサーバ間の通信データを暗号化し、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぎます。SSLを導入しているホームページは、URLの「http」が「https」になっています。

検索順位への影響

2014年8月にGoogle公式ブログが『HTTPS をランキング シグナルに使用します』という記事を掲載し、常時SSLが検索順位に影響すると発表しました。

ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

では、どのくらい影響するかというと、

このランキングの変更は、グローバルでクエリの 1% 未満にしか影響しません。

つまり、検索順位へは全体の1%未満しか影響しないとのことです。数字だけ見ると、大した影響ではなさそうですが、

これから長い期間をかけて強化していきます。

ともありますから、早めに対策を検討すべきかもしれません。

(引用)Google ウェブマスター向け公式ブログ『HTTPS をランキング シグナルに使用します』

SSLを提供するサービス

常時SSL化に伴い行うこと

  1. 301リダイレクト:.htaccessにて「http」から「https」への転送設定
  2. Google Search Console
    • 「https」wwwありURLのプロパティを追加
    • 「https」wwwなしURLのプロパティを追加
    • サイトマップの追加
    • Fetch as Google
  3. Google Analytics
    • プロパティ:プロパティ設定>デフォルトのURL「https://」選択
    • ビュー:ビュー設定>ウェブサイトの URL「https://」選択
  4. その他、ファイル(XMLサイトマップやrobots.txtなど)内に記述しているURLの「http」を「https」に変更
  5. その他、システム(WordPressなど)やサービス(Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告など)に登録しているURLの「http」を「https」に変更

投稿日:2017年8月17日
更新日:2017年9月7日
カテゴリ:SEO

関連記事