検索エンジンにWebページをインデックスさせない方法 | CosmoNavi(コスモナビ):初級・中級ウェブマスター(ホームページ運営者)のためのお役立ち情報

検索エンジンにWebページをインデックスさせない方法

  1. CosmoNavi(コスモナビ) > SEO > 検索エンジンにWebページをインデックスさせない方法

metaタグで制御

noindex

「noindex」は、検索ロボットにページをインデックスさせません。つまり、ページは検索結果ページに表示されません。
※検索ロボットはページ内リンクを巡回する

nofollow

「nofollow」は、検索ロボットにページ内リンクを巡回させません。つまり、リンク先ページにPageRankを渡しません。
※検索ロボットはページをインデックスする

また、個別リンクに対してはaタグにrel=”nofollow”属性を付けます。

noarchive

「noarchive」は、検索ロボットにページをキャッシュさせません。

複数指定

複数指定することもできます。

注意点

metaタグを記述したページをrobots.txtファイルでブロックすると検索ロボットはそのmetaタグを認識ないので注意しましょう。

重要: noindex メタタグが有効に機能するようにするために、robots.txt ファイルでページをブロックしないでください。ページが robots.txt ファイルでブロックされると、クローラは noindex タグを認識しません。そのため、たとえば他のページからリンクされていると、ページは検索結果ページに引き続き表示される可能性があります。

(引用)Google Search Console ヘルプ『noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする』

robots.txtで制御

User-Agent

「User-Agent」は、検索ロボットの種類を指定します。

(Google検索)

(Google画像検索)

(全ての検索)

Disallow

「Disallow」は、検索ロボットのアクセスを拒否するディレクトリやファイルを指定します。

(ディレクトリの場合)

(ファイルの場合)

Allow

「Allow」は、検索ロボットのアクセスを許可するディレクトリやファイルを指定します。ただし、通常は記述しなくても検索ロボットによるページへのアクセスは許可されているので、拒否しているディレクトリ内の特定ディレクトリやファイルを許可する場合に指定します。

Sitemap

「Sitemap」は、XMLサイトマップを指定します。

パスワードで制御

検索ロボットはパスワードで保護されたディレクトリやファイルを巡回しません。
(例)Basic認証

投稿日:2017年9月4日
更新日:2017年9月7日
カテゴリ:SEO

関連記事