広告の効果測定方法(ROAS、ROI) | CosmoNavi(コスモナビ):初級・中級ウェブマスター(ホームページ運営者)のためのお役立ち情報

広告の効果測定方法(ROAS、ROI)

  1. CosmoNavi(コスモナビ) > リスティング広告 > 広告の効果測定方法(ROAS、ROI)

ROAS

ROAS(Return On Advertising Spend)とは、広告費用対効果、つまり、広告費に対する売上の回収率のことです。

(公式)ROAS=売上÷広告費×100

例えば、

  • 広告費:10万円
  • 広告からの売上:100万円

ROAS=100万円÷10万円×100=1000%

つまり、広告費に対して10倍の売上、1円投資すると10円の売上になります。

ROASから広告費を決める方法

仮に、200万円の売上希望なら、それまで(前月)のROASを基に、

広告費=希望売上÷(ROAS÷100)=200万円÷(1000%÷100)=20万円

となり、広告費20万円に設定すれば、200万円の売上になるかもしれないという計算です。

※ただし、次月も前月と同等の広告パフォーマンスであると仮定した場合に限ります。

ROI

ROI(Return On Investment)とは、広告投資対効果、つまり、広告費に対する利益の回収率のことです。

(公式)ROI=(コンバージョン数×平均利益単価-広告費)÷広告費×100

例えば、

  • 広告費:10万円
  • サービス成約数:1,000件
  • 平均利益単価:1,000円

ROI=(1,000件×1,000円-10万円)÷10万円×100=900%

つまり、広告費に対して9倍の利益=1円投資すると9円の利益になります。

※ただし、ROASがプラスであっても、ROIがマイナスの場合、ビジネスとしては成功していないといえるかもしれません。

投稿日:2017年2月17日
更新日:2017年9月5日
カテゴリ:リスティング広告

関連記事