リスティング広告(検索連動型広告) | CosmoNavi(コスモナビ):初級・中級ウェブマスター(ホームページ運営者)のためのお役立ち情報

リスティング広告(検索連動型広告)

  1. CosmoNavi(コスモナビ) > リスティング広告 > リスティング広告(検索連動型広告)

リスティング広告とは

リスティング広告とは、インターネット利用者が検索エンジンでキーワード検索した際、そのキーワードに連動し、検索結果ページに掲載される広告のことです。インターネット広告におけるクリック課金型広告のことであり、検索連動型広告ともいいます。

  • クリック課金型広告:インターネット利用者がクリックして初めて課金される広告
  • 検索連動型広告:インターネット利用者が検索エンジンで検索したキーワードに関連した検索結果ページに表示される広告

既にその広告に興味のあるユーザーにアプローチするので、見込み客に効果的にアピールできる広告といえるでしょう。

掲載媒体と提供サービス

リスティング広告が掲載される代表的な媒体は「Google」と「Yahoo!」があり、広告を掲載するサービスとしては「Google Adwords」や「Yahoo!プロモーション広告」があります。

  • Google Adwords:検索ネットワーク
  • Yahoo!プロモーション広告:スポンサードサーチ

これら検索広告の他に、ディスプレイ広告というインターネット利用者が閲覧しているホームページの広告枠にそのホームページの内容に関連したが広告が表示するサービスもあります。検索連動型広告に対してコンテンツ連動型広告ともいいます。

  • Google Adwords:ディスプレイネットワーク
  • Yahoo!プロモーション広告:ディスプレイアドネットワーク

掲載場所

リスティング広告の掲載場所は、検索結果ページの自然検索枠より上部と下部の数枠です。以前は、右サイドバーにも広告枠がありましたが、2016年02月20日にGoogleが、2016年10月19日にYahoo!が廃止しました。これは、PCとモバイルの検索体験を一貫するためのようです。

  • Google Adwords:上部4枠・下部3枠
  • Yahoo!プロモーション広告:上部4枠・下部4枠

また、掲載順位は、検索時に行われる広告オークションで算出される広告ランク(キーワード入札単価と広告の品質などを基に算出)で決定されます。

料金体系

リスティング広告の料金は、広告がクリックされるまで課金されないクリック課金制です。課金額は、広告が表示される元となるキーワードの入札単価と広告の品質などの要素で決定されます。また、キーワード入札単価は自由に設定(1~9,999円)できますが、そもそも検索時に行われる広告オークションに勝てなければ検索結果ページにも掲載されませんので、広告ランクを上げること、つまり、キーワード入札単価や広告の品質などを上げることが重要です。

出稿方法

  1. キーワードを選定
  2. キーワードに入札単価を設定
  3. 広告を作成

投稿日:2016年11月17日
更新日:2017年9月9日
カテゴリ:リスティング広告

関連記事